増築確認申請とは?

増築確認申請とは?

増築時の確認申請とは一言で言うと「行政に対して増築の許可を得るために必要な申請行為」です

確認申請自体は施主が自ら行うこともできますが、専門的な書類が多く専門知識が必要です。

そのため、増築をしてもらうリフォーム会社や設計事務所にしてもらうのが一般的です。

増築や改築の経験豊富な会社に依頼することをお勧めします。

確認申請を自分でする場合

増築時の確認申請を自分でやりたい場合ですが、できないことはないですが、かなり専門的な知識が必要となるので、リフォーム会社や設計事務所にお任せした方が良いとは思います。

それでも自分でやりたい場合は、以下の条件を満たしているかどうかをご確認ください。

  • 住宅の検査済証がある
  • 住宅が木造で100㎡以下である
  • 自分で構造計算が出来る

構造計算には専門の計算ソフトが使えますが、やはりそれなりにスキルが必要です。

有料版だと何十万円もするソフトです。

確認申請の費用

行政や建物の広さによっても費用は異なりますがリフォーム会社や建築士に申請をお願いする場合は、15万~25万が相場になります。

なので、何十万円もするソフトを買って、四苦八苦するよりも専門家に任せた方が賢いですね。

それでも高いと感じるかもしれませんが、リフォーム費用に含めて見積もってくると思います。

増築や確認申請に関する手順は?

まずは、増築のできるリフォーム会社を探します。

2社~3社に増築のプランと見積もりを出してもらいます。契約したリフォーム会社の建築士が増築プランと合わせて役所に提出する確認申請書の書類の作成も行ってくれます。

確認申請の許可が下りたら増築が開始です。

リフォーム後に法的な問題がないことの確認が必要でそれが完了検査です。

確認審査時に出された書類の通りにリフォームが行われたかなど検査します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました