次世代住宅ポイント。新型コロナの影響で着工期限を延長

次世代住宅ポイント。新型コロナの影響で着工期限を延長

次世代住宅ポイント制度は、一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して、様々な商品と交換できるポイントを発行する制度です。

制度の利用条件の1つに「着工期限」があります。

もともとは2020年3月31日だったのですが、新型コロナウイルスの影響で2020年6月30日に延長できるようになりました。

次世代住宅ポイント申請の延長の条件と手続き方法

『期限内着工(着手)困難申告書』を工事完了前のポイント発行申請と併せて提出する必要があります。

対象となる申請

建築着工/工事着手を令和2年6月30日までに行うもの

工事完了前ポイント発行申請と併せて申告書を提出すること

ポイント発行申請は必ず、工事完了前のポイント発行申請で申請。
ポイント発行申請に必要な書類を一部用意できない場合でも、申告書を添付することで、ポイント発行申請の期限後に追加提出できるものとします。

次世代住宅ポイント申請の延長の受付期間

令和2年3月2日から遅くとも令和2年3月31日(必着)まで

  • ポイント発行申請期限の延長はありません。
  • 予算の執行状況に応じて、ポイント発行申請期限は早まることがあります。

次世代住宅ポイント申請の受付方法

郵送に限る

 

詳細は以下のサイトをチェックしてください。

災害等やむを得ない場合の建築着工/工事着手時期について | 次世代住宅ポイント制度
次世代住宅ポイント制度の災害等やむを得ない場合の建築着工/工事着手時期についてご案内します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました